2018.05.01更新

インプラント治療後の歯列矯正に注意

歯並びを良くしたいという場合の治療にはさまざまな方法があり、今日ではインプラントを利用する人も増えてきました。
歯を削って差し歯にするという方法もあるのですが、土台となる歯根から曲がって生えている場合には、その歯根によって他の歯を押してしまうことになるため、根本的な解決法として今ある歯を抜いて正しい位置にインプラントを埋入すると、これから先も歯並びが乱れてしまうこともなくなります。

他にも、歯列矯正という治療法もあります。
歯列矯正は、今残されている歯を削ったり抜くことなく自分の歯を活かして正しい位置に歯を移動させていく方法となります。
ただし、顎の中に全ての歯が並びきらないという場合には歯を抜かれてしまうこともありますが、極力自分の歯を残して最低限の本数を目立たない部分で抜かれることになります。

このインプラントと歯列矯正は、それぞれのメリットを生かして両方挑戦してみたいという人もいるかもしれません。
しかし、インプラントを入れた後になるとその部分が固定されることにもなるので同時に行うことは不可能となり、またインプラントを入れた後にしばらくたっていたとしても、部位によっては歯列矯正は断られてしまうこともあります。

インプラントは、人工歯根をあごの骨に埋め込むことになるので、後からその歯を矯正歯科で動かしたくても不可能ということになります。
一方、矯正歯科となるともともと歯は骨の上に生えているものでもあるので、年齢問わずに少しずつでも動かすことができます。
歯列矯正をするのであれば、インプラントを入れた部分以外の歯だけであれば動かすことができますが、どちらにせよインプラントや矯正歯科の治療を受ける前にしっかりと相談しておくことは欠かせません。

自分の歯並びを全体的にみてもらい、それによって全部の歯の治療計画を立ててもらう必要があります。
正しい順序で行わなければ、後から戻したくてもインプラントとなると取り返しが付かないことになってしまいます。
抜いてしまった自分の歯は取り返すことができず、また骨に金属の人工歯根を埋め込んでいることになるので、取り出すにも大掛かりな手術となってしまいます。

歯並びは矯正歯科で動かすことができても、抜いてしまった自分の歯はもう元には戻らないことになります。
しっかりと歯科クリニックで医師と相談しながら最終的な治療計画までを立てることで、後から治療をプラスするようなトラブルを回避することができます。